僕の好きなもの

僕の好きな物、買って良かったものなどを紹介します。

2.僕の好きな漫画 BLUE GIANT 熱くなりたい人必見

こんにちは!

今日紹介するのは「BLUE GIANT」という珍しいジャズをテーマにした漫画です。

アメトーークの「本屋で漫画大好き芸人」でも紹介されていました。

ジャズがテーマということで、音を表現できない漫画では難しく、さほど面白くないだろうと思っていて、なかなか手を出さないでいました。

しかし、読んだ友人達が口をそろえて「めちゃくちゃ面白い!傑作だよ!」というのでとりあえず1巻をレンタルして読んでみると、感動して鳥肌立ちっぱなし。

すぐにネットで全巻購入し、まだ読んでいない友人に勧め、それでも満足せず今ブログで紹介させて頂いています。

 

・世界一のサックスプレーヤーを目指す主人公宮本大

主人公の宮本大は、バスケ部に所属する普通の男子高校生です。

しかし、ある日友人と行ったジャズバーで聞いたジャズに心を打たれます。

それからは毎日世界一のサックスプレーヤーになるために、雨の日も雪の日も、猛暑の日も独り川原でサックスを吹き続けます。

 

f:id:ohayounagi:20170728151453p:plain

 

・技術はないが人を惹きつける魅力的な音

大は独学でサックス勉強していたため、技術はなく、音符もろくに読めませんでした。

しかし、大の音には人を惹きつける不思議な魅力があるのです。

魅力的な音、世界一という大きすぎる目標に向かって毎日練習を続けられる強い意志に心を打たれた周囲の人のサポートもあり、大は驚異的な速度で成長していきます。

 

BLUE GIANTの魅力

この漫画特別な点は、なんといっても音の表現だと思います。

漫画ですからもちろん音は出ません、よってジャズをテーマにした漫画は音を絵と文字でしか表現できないため、難しいと言えるでしょう。

しかし、BLUE GIANTではその音の表現こそが魅力になっています。

ここぞというシーンでは文字もありませんが、大の力強い音が実際に聞こえてくるようにも感じられます。

f:id:ohayounagi:20170728151556p:plain

もう一つ私が感動したのは、上にも書きましたが周囲の人のサポートの厚さです。

もし、息子が「高校を卒業したら音楽だけで生きていきたい」と言ったら、父親は怒り、喧嘩が始まるというのがよくある漫画の展開ではないでしょうか。

しかし、BLUE GIANTではそんな展開は一切ありません。

父親は「やりたいことならば、とことんおもいきりやれ」と厚く応援し、まだ自分も遊びたい歳である兄は、店で一番高いサックスをローンを組んでまで買ってあげます。

f:id:ohayounagi:20170728151414j:plain

家族だけでなく、友人、先生などたくさんの支えがあって大は成長していきます。

BLUE GIANTには他の漫画とは変わった点があります。

それはBONUS TRACKとして、巻末に大が関わった人達の数年後のインタービューが描かれていることです。

大の小さい頃の様子、大との思い出など、大がたくさんの人に支えられて世界的なサックスプレーヤーになっていくことが分かります。

重要なことが描かれているので見逃しがちな大切なポイントだと思います。

 

大には世界一になるという大きすぎる目標があります。

世界一を目指すに当たって当然ですが何度も壁にぶち当たります。

普通なら諦めるような壁でも、大は一切落ち込むことがありません。

悔しさを胸にさらなる練習に励むのです。

私は大の逃げ道を作らず、一つのことに全てを打ち込む情熱にと強い意志に心を打たれました。

高校卒業後、音楽一本で生きていこうという人は少ないと思います。

安定のため大学に行って就職してという人が多いのではないでしょうか。

私もそのような考えを持っていました。

もちろんそのような考えも悪くないと思います。

しかし、安定ばかり追い求めていると何か情熱のような物を失ってしまうのではないでしょうか。

私はこの漫画を、情熱を失った大人に読んで欲しいです。

絶対に熱い気持ちになれます。

BLUE GIANTは10巻で完結しており、現在はBLUE GIANT SUPREMEとして出版されています。

是非手にとって読んでみてください!

 

 


BLUE GIANT(1)【電子書籍】[ 石塚真一 ]

 

 


【入荷予約】【新品】BLUE GIANTコミックセット (全12冊)【8月上旬より発送予定】 全巻セット